γ-GTPの正常値

このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓の健康状態を知る上で、γ-GTPの正常値を把握しておくと良いでしょう。γ-GTPは肝臓以外にも膵臓や腎臓などにも含まれている酵素で、解毒作用に関係していてアルコールに反応しやすいものです。肝細胞などが死んだ際にはγ-GTPが血中に流出するため、肝臓の細胞がどの程度破壊されているかを知る重要な指針の一つになります。とりわけ、アルコール性肝障害などが原因で数値は異常な上昇をすると考えられています。そして、正常値を大幅に上回るとそれだけ肝臓のダメージが大きいことを意味するため、病院に行って検査をした方が良いでしょう。

一般的にγ-GTPの正常値は、男性が50IU、女性は32IU、上限は100と考えられています。数値が100を超えると、脂肪肝や肝硬変などの可能性があり、アルコール性肝障害や慢性肝炎なども疑われます。200以上は、閉塞性黄疸、アルコール性肝障害などの症状の時に見られる数値です。この他にも、肝がんや肝硬変、胆道疾患、脂肪肝などが疑われます。

通常、γ-GTPの数値が500を超えることはあまりありませんが、仮にお酒が原因で500を超える場合、急性アルコール中毒や過度の飲酒が考えられ大変危険な状態だといえます。アルコールが原因で大きく数値が動くため、100を越えたら自分に厳しくしお酒を控えるかもしくは断酒をするべきでしょう。さらに、200以上になったら迷わず病院へ行く必要があります。このように、γ-GTPの正常値は身体にとってとても大切な指針であるため、常日頃から数値を意識することが健康な肝臓や身体の健康維持に繋がります。

ページの先頭へ